感染防止対策


新型インフルエンザ


地球SOS_新型インフルエンザの恐怖

現在鳥インフルエンザウイルスが世界中で問題視されています。
なぜこのように大きな問題になっているのか、そしてこれから何が起ころうとしているのか、漫画でわかりやすくまとめています。

『地球SOS 新型インフルエンザの恐怖』

岩田廉太郎


新型インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
インフルエンザは、人獣共通感染症であり、ヒトだけでなく様々な動物、鳥などに感染します。通常は、ヒト、鳥など、種によって感染しやすいタイプのウイルスと感染しにくいタイプがあります。しかし、インフルエンザウイルスは変異によってその特徴を変えやすいため、これまでヒトに感染しにくかったウイルスが、突然感染しやすいタイプに変異することがあります。この変異によって新たにヒトへの感染力を得たインフルエンザが新型インフルエンザです。人類は新型インフルエンザに対する免疫がないため、爆発的な感染(パンデミック)を起こします。

過去の新型インフルエンザ

20世紀には、計3回の新型インフルエンザが発生しています。

時期

名称

世界での死亡者

1918年 スペインインフルエンザ 4000万人(日本:45万人以上※1)
1957年 アジアインフルエンザ 200万人以上
1968年 香港インフルエンザ 100万人以上

20世紀最悪の被害を記録したスペイン・インフルエンザ(スペイン風邪)は、世界中で4000万人以上が死亡し、日本においても関東大震災の5倍以上となる45万人以上(※1)が死亡しました。発生時期が第一次世界大戦のさなかであり、スペイン風邪の被害が余りにひどかったために第一次世界大戦が終結したといわれています。

※1:速水融氏(日本を襲ったスペイン・インフルエンザ 藤原書店)の試算による


新型インフルエンザに備えて各人で可能な対策

1.不要不急の外出を避けるための準備

新型インフルエンザが発生し、国内で流行が始まった場合、不要不急の外出を自粛することが非常に重要となります。そのため最低10日間、できれば2〜3週間分の食料品・薬品・日用品の備蓄が必要とされます。米国は10日間分の食料品・生活必需品の備蓄を国民に呼びかけています。


新型インフルエンザ対策備蓄品リスト  (印刷・編集用エクセルファイル)

  • 食料品は、栄養価が高く保存性がよい、かつ調理の簡単あるいは料理の不要なものを準備しなければいけません。
  • 電気、ガス、水道などのライフライン維持に国家・各自治体は全力を尽くしてくれますが、これらの供給がストップする可能性も想定する必要があります。
  • マスクやゴーグルの着用、アルコール消毒など感染予防のための備品の用意も必要です。
  • 発症しても自宅療養の必要が十分考えられます。そのための用意もしておきたいものです。
  • 血圧を下げる薬など、持病用の常備薬もあらかじめ余分にもらっておくと、流行時に新型インフルエンザ患者のあふれる病院にわざわざ出かけずにすみます。
  • 家庭内に感染者が出た場合、その看護の際、感染に注意する必要があります。(マスク着用のこと)
  • このリストは、国立感染症研究所研究員である岡田晴恵氏の著書『強毒性新型インフルエンザの脅威』(藤原書店発行)に掲載されたものであり、藤原書店より掲載の許可を得ています。このリストはあくまで目安であり、各人、各家庭の事情にしたがって、このリストに必要なアレンジを施し、それぞれのリストを作成してください。

2.正確な情報の把握

新型インフルエンザ情報リンク集

参考文献


さらに詳しく知りたい方には、下記の文献をお勧めいたします。

強毒性新型インフルエンザの脅威

(岡田晴恵編 藤原書店)

21世紀の黒死病(ペスト)  もはや「インフルエンザ」ではない。
 新型インフルエンザに対する無理解と危機感の欠如
 メカニズムを理解して初めてわかる、目前に迫る恐るべき危機
 世界のどこかで出現すれば、1週間程度で日本に襲来
 SARS以上の驚異的伝播力で、国内侵入阻止はほぼ不可能
 強毒性H5N1型鳥インフルエンザの致死率は50%以上
 従来の「インフルエンザ」概念を超える全身重症疾患
 罹患者・死亡者の同時大量発生が招く社会機能の破綻
 次なる「新型」は、「1億5千万人の死者」(国連)という予測も

日本を襲ったスペイン・インフルエンザ

(速水融著 藤原書店)

関東大震災の5倍近くの死者をもたらしながら、「スペイン風邪」と称され、被害の実態も十分把握されないまま忘却された、90年前の史上最悪の「新型インフルエンザ」について、各種資料を駆使し、その詳細を明かす。

H5N1―強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ

(岡田晴恵著 ダイヤモンド社)

鳥インフルエンザがヒト型の新型インフルエンザになるのは時間の問題。既に多くの死者を出している現実が、それを裏付けている。強毒性の新型インフルエンザが発生した時、どのように日本に上陸し、拡大していくのか。国内はどんな混乱に陥ってしまうのか。現実を元に、科学的に検証した完全シミュレーション・ストーリー。



ホームページで【備蓄用】バリエールウイルス対策マスクが購入できます。


▲株式会社モチガセホームページへ戻る